【Webディレクターに求められるスキル・知識】市場価値を高めるために何を身につければ良い?

「Webディレクターをやっていく上で必要なスキルは何ですか?」ネットでもよく見かける質問ですね。検索すると多種多様な内容の記事がヒットしますが、今回お伝えしたいのは、webディレクターに《なるため》のスキルではなく、《市場価値の高いディレクターになるため》のスキルです。

これは3年間の経験で感じたことなのですが、

  • マーケティング力
  • コミュニケーション能力
  • 折衝能力
  • 制作スキームの全般的な知識

頭ひとつ抜けるにはこれらのスキルを身につけるべきかと感じています。伸ばすべきは、全体を統括し、判断、導いていく力です。そのために必要なスキル・知識について、今回はご紹介します。

市場価値の高いディレクターに必要なスキル・知識は?

冒頭で述べたように、市場価値の高いディレクターとしてやっていくなら、

  • マーケティング力
  • コミュニケーション能力
  • 折衝能力
  • 制作スキームの全般的な知識

は必須のスキル・知識となります。

マーケティング力

ひとつ目はマーケティング力ですね。ここで言うマーケティング力とは、①webを使って集客できる能力②コンバージョンをとれる能力 です。

手法はなんでも良くて、思いついたまま例をあげると、

  • SEOマーケティング
  • メルマガマーケティング
  • SNSマーケティング
  • 広告運用マーケティング
  • 動画マーケティング

こんなところでしょうか。この中でひとつでも特化した分野があると、市場価値は一気に高くなります。周りを見ていても、デキるディレクターは何かひとつ特化したマーケティング分野を必ず持っていますね。

逆にライティング、デザイン、コーディング、プログラミング、この辺を「得意です」と言っても魅力としてはイマイチ。作業レイヤーに関しては安くてレベルの高い人材はいくらでもいますし、そういう人たちをアウトソーシングすれば事業は全然動かせます。工程的にも下流に位置してしまうので、市場価値を高めるならもっと上流のスキルを身につけましょう。

今の時代、《サイトを作って終わり》という仕事に高い収益性は期待できません。大型案件などそうそう転がっているわけではないですし、そのようなビジネスモデルは納品すればそこで終了。一回ポッキリの切り売りですね。保守管理費を貰えたとしても現実的には数千円〜1万円ぐらいしかもらえません。

もしまとまった月額フィーを狙うなら、《①サイトを運用》し、《②利益をあげる》力がマスト。クライアントの利益までサポートできなければ、月額フィーなんて貰えないですからね。だからこそ《サイトを使って利益を生み出す力》=《マーケティング力》が求められるというわけです。

コミュニケーション能力

これも市場価値が高くなるには必須スキルですね。コミュニケーション能力がないと上流工程にステップアップできないので、苦手な人も克服してください。できないと結構致命的です。

ちなみに、ここで言うコミュニケーション能力とは、《情報を正確にインプット・アプトプットする力》のことを指します。巷では《誰とでもすぐに打ち解けられる力》、なんて意味で使われたりもしますが、ビジネス上必要とされる力とはちょっと違います。大事なのは、相手と正確に情報交換をする力です。

ビジネスは常に何か《目標》に向けて行うものであり、それを設定するには正確な情報把握が必要です。つまり、インプットがズレれば目標もズレるということ。いくら知識があっても、正しい方向性で仕事をしなければ意味がありません。正確な現状把握と正しい目標設定。これを行うためにも、コミュニケーションを通して正しく情報をインプットする力は必須です。

また、情報を正確に、かつわかりやすく伝える力も必須ですね。これができないと営業、クライアントへの説明、メンバーへの指示が全くうまくいきません。

これにはコツがあって、

  • 「要するに…」を意識する
  • 情報をカテゴライズ(仕分け)する
  • 共通言語を使う

を意識すると結構良くなります。

まず「要するに…」ですが、言い換えれば《結論ファースト》ということですね。何が話の主題なのかをちゃんと見極めてください。自分もチャットなどで「内容がとっ散らかっているな」と感じる時はもう一度「ここでの結論は何か」を考え直しています。話をまとめるのが苦手、という自覚がある人はぜひ「要するに…」を意識をしてみてください。

また情報のカテゴライズ(仕分け)もわかりやすく伝える上では必須です。特にチャットやメールなどで使う機会が多いですね。

実際にどんな形でカテゴライズしてるかと言うと↓↓

本日営業に行ったA歯科クリニックの情報を共有します。

〈依頼背景〉
・現在のWeb集患はポータルサイトからがほとんどで、広告費がかかりすぎていることが不満。
・広告費を削りつつ安定的な集患を行うためSEOをしたく弊社に依頼

〈サービス提供範囲〉
SEO、MEO合わせ月額●●万円で提案しています。
hタグが無いなどサイト構造にかなり欠陥があるのと、競合と比べコンテンツの内容が薄いので、初動で左記を改修。その後定期的なコンテンツ追加 + 被リンク獲得施策で上位表示を狙う、、、みたいな施策方針を伝えています。

〈対策KW〉
・「歯科 A駅」
・「ホワイトニング A駅」

〈その他〉
・インプラント・歯科矯正はやっていません(施策の対象外)
・広告費を抑えたいということでリスティングは提供範囲に含めていません。

こんな感じです。〈 〉を使ってカテゴライズしながら文章を組み立てていることがわかると思います。

情報量が多い場合はまとめ方を工夫しないと長々としてわかりづらい内容になりがちですが、カテゴライズするとスッキリまとめることができます。簡単にできる上効果高いので、これまでやってなかった人は普段の仕事に早速導入してください。

あとはお互いの共通言語を使うのも大事です。やりがちなのは、素人相手に当たり前に専門用語を使うこと。これは絶対にNG。言うまでもないですね。コミュニケーションはお互いの理解し合える言葉で行うのが鉄則です。

折衝能力

折衝(せっしょう)とは《折り合い》のことですね。これは対クラアント、対メンバーどちらにも必要となるのですが、折衝が必要となる場面は大なり小なり想定外のことが起きている時ですね。なので、相手の《納得感》を得られそうな案を用意することが重要です。と行っても100点満点の案を用意する必要はなく、「まあ、普通そうだよね」ぐらいのもので十分です。

で、納得感を得るコツもあって、

  • 合理的かどううか客観視する
  • 背景事情をきちんと話す
  • 相手の立場になって物事を考える

これを意識すると結構うまくいくことが多いです。

そもそも、ものごとに折り合いをつけるには(もっと言うと、あらゆるビジネスシーンにおいて)合理性は絶対にマスト。これがなければはじまりません。なので、折衝案に合理性があるかどうかは常に考えるクセをつけてください。合理性のある案を考えられて初めてスタートです。

で、その合理性を説明するために必要なのが背景事情です。「こういう事情があったから、こういう案にたどり着いた」、ここに納得感(=合理性)さえあれば大抵の人は承諾してくれます。しかし、背景事情も話さず結論だけで話を進めてしまうと、相手には合理性を判断する材料がないのでなんとも承諾しきれません。場合によってはむしろ事態を悪化させてしまう可能性さえあります。先ほどのコミュニケーション能力ではないですが、情報は漏れなく正確に伝えることが大切。そのひとつが背景事情というわけですね。

これだけである程度のレベルの案は考えられると思いますが、最後意識してもらいたいのが《相手の立場》です。我々はマシーンと仕事をしているわけではなく、血の通ってる人間としているものです。相手は今どんな気持ちなのか、これも考えて初めて良い折衝案というのは生まれます。。最適化を目指すことはもちろん良いのですが、それだけが全てではありません。お互いに気持ちよく働ける、取引ができる、腕のあるディレクターはそうした環境づくりもうまいですね。

制作スキームに関する全般的知識

最後は当たり前かもしれませんが、制作スキームに関する知識全般ですね。具体的には、ライティング・デザイン・コーディング、プロジェクトによってはプログラミングでしょうか。

やはりそれぞれの領域の人と共通言語で話すには基礎的な知識は必須です。またプロジェクトを進める上で様々な判断をする上でも全般的な知識は必ず必要になってきます。

だからと言って自分で手を動かす必要はありません。あくまで判断するために必要なレベルの知識であって、むしろ必要以上の知識を得ようとすることは無駄な時間を使うことになるので、ちょうど良い見極めを行いながらインプットするようにしてください。

まとめ

まとめ

  • 市場価値を高めるためには、マーケティング力、コミュニケーション能力、折衝力、制作スキームに関する全般知識を身につけるべき。
  • 作業レイヤーだけでは上流工程にいけない。単価の高い仕事をするにはマーケティング力は必須。
  • コミュニケーション能力とは「情報を正しくインプット・アウトプットする能力」のこと。
  • ものごとに折り合いをつけるには、相手の納得感を意識する。納得感を得るコツは、合理的かどううか客観視する、背景事情をきちんと話す、相手の立場になって物事を考える、の3つ。
  • 制作スキーム全般の知識も、ディレクターをやっていく上では必須。自分で手を動かす必要はない。足を踏み入れすぎることは時間のムダ使いになるので注意

webディレクターは超売り手市場、なんて記事も見かけますが自分はそうは思いません。他より優れた能力を持ってないと年収400万円〜500万円ぐらいで収まることがほとんどなのではないでしょうか。もっと上を目指すには、今回紹介したような力を身につけ、事業を自分の力で動かしていくような力が必要です。習得が難しく感じる人もいるかもしれませんが、高みを目指すなら必須の能力になるので、くじけず習得できるまで頑張ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です